las tonterias de una soñadora

思ったことを    少しずつ

Monday, June 26, 2006

素人のカメラ遍歴

今使っているデジカメ、キャノンのIXYちゃん。
使っていると、熱をおびてきて、なんだか、危険。
画像も200万画素、てぬぐいを写すために買ったようなもんで。 先日の台湾旅行でも大活躍してくれましたが、発熱するのは、かなり、怖い…
で、買い替えを考えてますが、しかし、これまで何台カメラを使ったんだ、
と、振り返りましょうか。


はい、キャノネットですね。おじいちゃんが使っていて、 写真部だった母も使っていました。
私の子どもの頃の写真は、たぶん、これで撮ってもらいました。
かっこいいです。



飛びますが、小学6年生のときに買ってもらった、カメラ。
フジのカメラで、丸い部分をぐるぐるっと回して倍率を決めてました。
確かハーフサイズで、24本撮りなら倍の 48枚撮れてました。
おもちゃみたいです。




私が奈良や京都で仏像にはまっていた頃、
アニキは鉄道にはまっていました。
そんなアニキはキャノンのAE-1プログラム。
しかし、撮った写真を見せてもらったこと
ないんですけど…



家訓で(?)、修学旅行用にカメラを買う、っていう 定めのため買ってもらった、キャノンのオートボーイ。
先のフジのは、あまりにもおもちゃすぎて、キャノン信者の母が選んだ逸品。




高校のときの友人が写真部で、興味はあったけど アニキにAE-1を借りられず…
確か、卒業間近に買った京セラのサムライ。
ビデオのように握るようにかまえます。
こちらもハーフサイズ。スペインでかなり、もてました。
でも、結構重かった…


大学のとき、英会話学校で写真家さんとお友達に。
撮影に連れて行ってもらって、カメラのアドバイスをうけるものの、「あんまり考えないカメラで十分」とな。
で、選んだ、オリンパスのミュー(私のは黒でした)。
いつの間にか、アニキが使ってるんですけど…


お仕事をするようになって。会社ではニコンを使っていましたが ある時、友人のカメラを借りてなんだか相性が合ってしまい。
自分の視点を登録すると、覗いたところにピントがあう、 そんなカメラ。
せっかくの一眼レフなのに、ほとんどオートで写しちゃうもったいなさったら。




そして昨年。デジカメを使いつつ、ロモを使う友人の話を 聞いていて、探し当てた、ロモのボスホード。 1964年モノと1967年モノをオークションで入手。
ゆるい色の写真が撮れます。
でもやっぱ、重いし、デジカメ慣れしちゃった今、
失敗が怖くて。ま、お宝として。

そして今欲しいのが、リコーのGRっていうデジカメ。
この、今どき?な、もったいデザイン…いいねぇ。
800万画素で、単三電池が使えて、レンズをつけることが
できて…ってことは、魚眼も使える!

あ~あ…たいしたもの写さないのにねぇ。
ま、ほとんどが、実家に。デジカメが火を噴くといけないから…

2 Comments:

Anonymous ninyo said...

キャノンのオートボーイ、なつかしぃ~!!
実家で使い倒した後、アフリカを訪れたオカンが持ち込んで現地人へのお土産になりましたとさ・・・
GR、人気あるみたいですね~私も欲しいと思ってちょっくら調べたことアリなんすが・・・
思っただけぇ~で休止中どす。

6/27/2006 12:31:00 AM  
Blogger てぬやうめきち said...

(一回目の)さすが、ninyoはん(のオカン)っ
ニッポンではケータイでぱしゃぱしゃ撮る時代だけど、カメラって、やっぱ貴重ですかねぇ。
(二回目の)さすが、ninyoはん。
GRご存知でしたか…私はつい最近なんですけど、いいっすよね、コレ。
使いこなせないのはわかってますけど、今のが火を噴く前に…欲しいっす。

6/27/2006 10:31:00 PM  

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home