las tonterias de una soñadora

思ったことを    少しずつ

Saturday, July 08, 2006

実習2日目

目覚めが悪かった…
そんな日は、確実に、粗相します。

やっちゃった。

市民大学講座の、注染実習2日目、ぼかしに挑戦してきました。
柄は、ご当地柄、松並木と、百体橋。日光街道の草加宿のシンボルですね。

よくわからんけど。

今回の型紙は、てぬぐいの半分の、フキンサイズ。
前回と同じように糊を置いて、染めます。
そして前回と同じように、なぜかトップバッター。
イメージトレーニングしないと脳に届かない、スロー理解な私には、
厳しい状況で、無駄に緊張マックス。
今回は、赤色を希望。染料は前回と同じくナフトール。ぼかしで、濃くしたいところを糊の土手で囲みます。
ケーキの、絞り出しの要領でやると、あらら、唐草状になっちゃった。「持ち方が違うよ」と注意されました。
写真は、間違った持ち方のところ。ホントは左手で上から提げるように持って、右手で絞り具合を調節します。




濃くしたい部分(松の木の幹とか、橋の下側とか)に、濃い目の染料を注ぎます。はみ出すと、薄くしたい部分も濃くなっちゃうから、指先に力がはいります。
そう、そこで、力が入りすぎちゃって、やかんの後ろから染料をこぼしちゃった! 幸い、床に、だったけどね。
薄い染料は、じゃんじゃかかけます。
そうして最後に、濃い染料と薄い染料を、二刀流でかけます。両手と、足のペダルで、おいらはドラマ~状態。
見ている講師の昼間さんも、笑うしかない、な、お手前。



染め上がると、水洗い。
機械を動かすまでもない量なので、手でちゃぽちゃぽ。
糊が落ちて、キレイに発色していると
感動しますな。
洗い終わると、大きな脱水機にかけます。
ビバ遠心力。

天気も良くって、すぐ乾きました。前回と同じく、ご一緒した方が染めたものと交換しあって。みなさん上手で、繊細な注ぎっぷりでした。
で、染め上がったふきん。
一番手前のが、私。濃い赤です。緊張っぷりに昼間さんも心配してくださったけど、けっこうぼけてます(色が、ね)。
ご一緒した方は、朱色、緑の染料を選んだので、三色のバリエーション。ほかの受講日に染めた方の分も、分けてもらいました。
だって、同じ型でこれだけの色のバリエーションって、こういう機会でしか手に入らないからなぁ。
いい見本になるよね。

さて、来週は、最後の講義。
もっと染めたいねぇ。

3 Comments:

Anonymous Noriko said...

形になりましたね~~~!!
いいなあ!

7/10/2006 07:36:00 AM  
Anonymous Anonymous said...

こんにちわ。mです。
>手と、足のペダルで、おいらはドラマ~
状態。

って、かなり笑えます。
やっぱ、2刀流は難しかったですね。
これぞ、悪戦苦闘ってなかんじで。

しかも、ずいぶんいっぱいお買い求めに
なられてんですね☆
さすがです!!

では、来週楽しみにしてます♪♪

7/10/2006 01:28:00 PM  
Blogger てぬやうめきち said...

凸Norikoさま
うふふふ…しかもつながったままでっせ。
こうなると、自分でもデザインしたくなります(遠い目)

凸mさま
経験した人しかわからない?ドラマー状態っ
(古いよね~)
mさん、あーた、お上手でしたよ、ほんま。
来週で最後かぁ。私も楽しみにしてまっす。

7/10/2006 09:03:00 PM  

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home