las tonterias de una soñadora

思ったことを    少しずつ

Monday, September 25, 2006

今日の「読みました」

ちょっと「やりすぎ?」感があった、
男前豆腐
ゴブサタしている間に、しゃっちょさん、本を出してたんですね。

伊藤信吾『男前豆腐店ストーリー』(講談社)。
普段行かないビジネス書コーナーで、ぱらぱら。
やりすぎ感で冷めていたジョニーへの思いがよみがえりました。

本日読み終えました。
男前豆腐を食べた方なら、きっと、
パッケージの「へんてこさ」と、味のギャップに驚いた、はず。
その辺りの、伊藤さんの豆腐への情熱(ってか、好きなようにやってるよね)が
よくわかりました。
あたりまえじゃおもしろくない、ってか、「豆腐」ひとつに、いろんな角度からの
見方があるんだなぁ、と。
だから、豆腐だけじゃないグッズ販売も、
それはそれで、いいんですね。

伊藤さん、豆腐屋さんの息子だけれど、
とりあえず異業種を経験して、家業へ。
「豆腐屋」というベースがあるものの、それを最大限に生かすべく、
ほかで経験したこと、やりたいと思うことを、ぶつける。

古い体制からはかなり反対されたりしたんだろうね。
ほかの業種でも、こういのって、活かせますな。

ま。伊藤さんの言う、「今日もジョニる?」ではないけれど、
私の実家では、「ウチはいつも男前」って、母が申しております。
それぐらい浸透しておりますから…

まんまと、のせられちゃってますね。
本はいきなり
ジョニーが表紙です。
本屋で手に取った「2版」は
「廃棄物」事件以降の発行なので
そのお詫びと、会社分裂の
お知らせが書いてあります。
(一緒に並んでいた初版は
事件以前なので記述なし)。
迷わず、2版を購入。
久しぶりにサイトを開くと、
どえらい変わりようで…
変化する、男前豆腐(店)。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home