las tonterias de una soñadora

思ったことを    少しずつ

Wednesday, October 25, 2006

今までありがとう

今日は書けないかなぁ…と思いましたが、書けそう。

仕事が終わって、週末行く予定だった、中島さんの写真展に行ってきました。
中島さんにお会いしたら、元気がでるんじゃないかと思って…
開場へのエレベーターが開いたとたん、気が遠くなるハプニングがあったものの
中島さんにお会いして、写真を見て。
なんでナナメなんだろう、なんで東欧の曇天なんだろう…って質問をぶつけて、
「じつは、これこれで…お会いしたら元気になれると思って」、って、告白。
中島さんも昨年末に同じ経験をされたそうで。被写体にも動物が多いから、
なんだか、ちょっとだけ、語ってしまいました。

お久しぶりにお会いしたのに、
敬語使わなきゃいけないのに
変な話をしてしまって、ごめんなさい。
でも、元気になりました。
ありがとうございました。

昨夜、実家の小梅姐さんが、亡くなりました。
(わんこに「亡くなる」って使うのもなんですが)
この12月で、14才。寿命といえば寿命ですが、
今までけっこう大病にかかってるので、大往生です。
最後は、両親の間で冷たくなっちゃったそうです。

思い出はいっぱいあるけど、書くと、書いた思い出だけが残りそうなので。
思い出したり、忘れたり、また思い出したり、
それでいいと思いました。

小梅姐さんが死んじゃったら、小梅屋、どうしよう…
会社の上司は、「二代目襲名すれば?」とおっしゃいますが
この際…
まさかの襲名? 改名?

しかし、小梅姐さんの名前、大きかったです。
今まで、ありがとう。

2 Comments:

Anonymous Noriko said...

小梅姐さん、小さなカラダで大往生・・・姿はなくなっても、ずっとずっといっしょですよ、きっと。

10/27/2006 06:02:00 AM  
Blogger てぬやうめきち said...

ありがとうございます(涙)
生きているといつかこうなるけど…

10/27/2006 09:51:00 PM  

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home